ニキビができてしまう原因とそのメカニズム

ニキビの悩みは、大人も思春期の若者も同じです。



できてしまうニキビの特徴は少々異なりますが、その原因は同じです。

肌の毛穴の入り口が詰まる事がその原因で、ニキビができる箇所のさまざまなメカニズムについて挙げられます。



まず、ニキビができる箇所の特徴は、皮脂分泌が活発であることです。



この箇所は、主に顔や胸、背中などで、脂性になりはじめます。

原因としては、ホルモンの影響が多く、成長ホルモン、男性ホルモン、黄体ホルモンなどが皮脂の分泌に関わっています。

成長ホルモンの影響は、思春期に分泌物が増えてTゾーンなどの皮脂分泌は特に多いです。

他にも思春期には、男性特有の男性ホルモンが、多く分泌されます。



女性にもありますが、量は少なくストレスの影響から分泌が増し、ニキビの原因となります。

このように男性ホルモンとは、皮脂の分泌を活性化させるため、皮膚を角化させます。



ホルモンに影響するストレスは、緊張や疲労睡眠不足などの原因で、自律神経が狂うことなどから起こります。
これは、副交感神経と、交感神経のバランスが崩れることが主な原因で、脳下垂体からの副腎皮質ホルモンが多く分泌されて男性ホルモンの量が増えるのです。



このようにして増えた皮脂の分泌で毛穴が詰まるというわけです。



その他に、黄体ホルモンの影響は、生理前の黄体ホルモンの分泌によって吹き出物のが増えて、できている吹き出物はさらに悪化すると言うメカニズムになっています。



関連リンク

背中のニキビは皮脂に注意

人間の体は、縦の中心線上に皮脂腺が集中しています。額や鼻、あごや胸の谷間や背中にニキビが比較的できやすいのはそのためです。...

more

ニキビの原因は皮脂の分泌と毛穴の詰まりにあり

ニキビができる原因は、皮脂の分泌であると言われています。確かに、顔の肌や背中の肌など、皮脂が比較的分泌されやすい場所にしかニキビはできないものです。...

more